夫婦同姓は違憲?日本における選択的夫婦別姓の是非を問う

みなさまこんにちは!12月に入りめっきり寒くなったことで引きこもりになっている平野です。

 

さて、最近の話題といえば、そう!夫婦別姓の問題です。先日、夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁が憲法違反ではないとの判断を示しました。

 

16日の判決で最高裁判所大法廷の寺田逸郎裁判長は、夫婦別姓を認めない規定について、「憲法に違反しない」という初めての判断を示しました。判断の理由として裁判長は「名字が改められることで、アイデンティティが失われるという見方もあるが、旧姓の通称使用で緩和されており、憲法に違反しない」と指摘しました。

そのうえで、「夫婦別姓については国会で論じられるべきである」と述べました。明治時代から100年以上続くこの規定を巡っては、夫婦は同姓にすべきか別姓を選べるようにすべきか意見が分かれていて、最高裁の判断が注目されていました。

(夫婦別姓認めない規定 合憲の初判断 最高裁 -NHK NEWS WEB-)

 

夫婦別姓は女性の社会進出を背景に叫ばれるようになったと言われています。そこで今回は『日本における名字の変遷』『夫婦別姓のメリット・デメリット』『選択的夫婦別姓』についてみていきましょう。

 

 

日本における名字の変遷

051
(出典 : 東京銀座煉瓦石繁栄之図・新橋鉄道蒸気車之図)

明治以前には、そもそも庶民が名字を使用することは許されておらず、名字の使用が義務化されたのは、明治8年だと言われています。明治9年には妻は実家の名字を使用すること(夫婦別姓)とされていましたが、妻が夫の名字を使用することが慣習化していたと言われています。

 

明治31年に制定された当時の民法では「家制度」に基づいて夫婦が同じ「家」の名字にするという制度に改められました。その後、戦後の改正民法で「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。」とされ、夫か妻の名字を使用することが許されましたが、夫婦は同じ名字にするという同姓の制度は維持されました。これが現在の制度です。

(参考 : 我が国における氏の制度の変遷 -法務省-)

 

 

夫婦別姓のメリット・デメリット

plus minus
(出典 : せどりの『3つのメリットとデメリット』)

夫婦別姓のメリット・デメリットをみてみましょう。下記以外にも様々な理由がありますが、代表的なものを挙げてみました。

 

メリット

①名字が変わることで起こる社会的手続きが不要になる

②男女の平等が示される(現段階では夫の姓を選択する場合が多いため)

③仕事上のキャリアが途切れない

④アイデンティティが失われずに済む

 

デメリット

①家族の絆や一体感が薄れる

②親子で名字が異なると、子供に好ましくない影響が心配される

③離婚・不倫の増加

④家の伝統や文化が受け継がれにくくなる

 

夫婦別姓と夫婦同姓に関して、双方に様々なメリット・デメリットがあるため議論することが難しいというのが現状です。

 

 

選択的夫婦別姓制度

japan-81801_1280

夫婦別姓の話題には必ずといっていいほど付きまとう”選択的”夫婦別姓制度ですが、どういうものなのでしょうか?

 

現在の民法では、結婚後の夫婦は必ず夫か妻どちらかの名字を使用することが定められています。しかし、夫か妻どちらかの名字を選択できるとは言え、男性の名字を使用することが圧倒的多数になっているのが現状です。

 

選択的夫婦別姓とは、その名の通り夫婦で同じ名字を使用するか、結婚前の名字をそれぞれ使用するのかを選択できるという制度で、女性の社会進出に伴い、名字を変更することによる社会的な不便・不利益を指摘されてきたことなどを背景に、その議論が活発になされてきました。

 

選択的夫婦別姓について、朝日新聞社の電話での世論調査によると以下の報告がなされています。

法律を改正し、同姓か別姓かを自由に選べるようにする選択的夫婦別姓に「賛成」は52%で、「反対」の34%を上回った。夫婦別姓を選べるようになると家族の結びつきが弱まるという意見に対しては、「そうは思わない」57%が「その通りだ」35%を上回った。(中略) 年代別では、20~60代の各年代で「そうは思わない」が「その通りだ」を上回ったのに対し、70歳以上では「その通りだ」が54%で、「そうは思わない」33%を上回った。

選択的夫婦別姓に賛成52% 朝日新聞社世論調査 -朝日新聞DIGITAL-)

 

この世論調査から分かることは、70代以上の半数以上の方が「家」というものの伝統や文化、家族の結びつきが「同姓」に起因すると考えているのではないかという点です。一般的に日本人がイメージする「家」というものの影響を、戦後に一番受けている世代ではないでしょうか。

 

 

最後に

国連が1979年に女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する「女子差別撤廃条約」を発表したこともあり、海外では選択的夫婦別姓が主流になってきています。しかしながら国ごとに夫婦別姓が導入された経緯が異なるので、海外と日本を比べて議論することに関して賛否両論あります。

 

現在の日本で夫婦別姓を実現させるためには、役所で結婚手続きをしない、いわゆる『事実婚』や職場などで結婚前の名字を使用する『通称』の使用しか手立てがありません。選択的夫婦別姓に賛成の方がいるという事実をしっかりと受け止め、国会でも議論されていくことを期待して今後の動向を見守っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hirano Kensei

Hirano KenseiVote→Japan ライター

投稿者プロフィール

九州大学4年の平野賢正と申します。Vote→Japanの趣旨に賛同し、参加させていただいています。いわゆる「就活」という時期からいろんなことにトライしています。政治に関する知識もまだまだ未熟で拙い文章しか書けませんが、どうか温かい目で見守ってください(笑)よろしくお願いします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る