【マイナンバー】通知カードと個人番号カードの違いとは?申請方法も解説!

(出典 : 香取市オフィシャルウェブサイト)

みなさん、こんにちは。実家の近くに住んでいる祖母の元にはマイナンバーが届いた模様ですが、いまだに届いてない平野です。

さて、先日次のようなニュースが話題になりました。マイナンバーの通知カードの配達が全国で遅れているようです。

マイナンバーの通知カードの配達について、日本郵便は、千葉県や埼玉県など40の都府県の合わせて510万通は、最初の配達が来月になるという計画を公表しました。

日本郵便によりますと、25日の時点で実際にカードが届けられたのは3320万通と、全体の58%程度にとどまっていて、制度の運用が始まる来年1月までに届けることができるのか、厳しい状況となっています。

(マイナンバー 40都府県の510万通は来月配達に ~NHK NEWS WEB~ から一部引用)

 

通知カードはマイナンバーを知らせるものですが、では個人番号カードとは何でしょうか?

今回は、『通知カードと個人番号カードの違い』と『個人カード交付申請の方法』について解説します!

 

 

マイナンバーとは?

まずはマイナンバーについて簡単におさらいをしましょう。マイナンバー(個人番号)とは、国民一人一人が持つ番号(12桁)です。

行政の書類やサービスごとに違っていた番号を個人によって統一化することで、『行政側と個人の管理の負担を減らす』ことを目的としています。

導入のメリットには、大きく次の3点が挙げられます。

 

1.行政の効率化!

行政機関や地方公共団体によって、様々な情報の照合や転記の作業を行っていましたが、一人一人がマイナンバーを持つことによってこの作業が大幅に削減されます。

2.国民にとっても便利!

これまでバラバラだった、健康保険証、運転免許証、パスポート番号、住民コードが全て1つのマイナンバーにまとめられます。つまり、マイナンバー=身分証明書となることで、手続きの簡素化やカードを一枚にまとめられるといったメリットがあるわけです。

3.公平な社会の実現!

所得や行政サービスの受給状況を可視化することができるため、サービスの不正受給を防止することができ、本当に困っている方々のみを助けることができます。

 

 

通知カードと個人番号カードの違い

通知カードと個人番号カード共に、券面に氏名・住所・生年月日・性別・マイナンバーが記載されますが、通知カードと個人番号カードの大きな違いは、『顔写真の有無』と『ICチップの有無』です。

 

通知カードは本人確認の際に、別途顔写真の入った証明書が必要になりますが、個人番号カードは顔写真が表示されるのでそのまま身分証明書として利用できます。

 

また個人番号カードにはICチップに電子証明書が搭載されているため、各種電子申請などに使うことが出来ます。
ka-do
(出典 : 真室川町HP)

 

 

個人番号カード交付申請ってどうやるの?

通知カードと一緒に送られてくる封筒の中に個人番号カード交付申請書が入っています。この申請書を記入し、市区町村に申請することで、平成28年1月以降に個人番号カードの交付を受けることができます。

 

申請方法には、郵便・パソコン・スマホ(スマートフォン)・証明用写真機の4つがあります。それぞれの申請方法については以下を参照してください。

郵便による申請方法

パソコンによる申請方法

スマホ(スマートフォン)による申請方法

証明用写真機からの申請方法 (※対応していないものもあるので注意が必要です)

 

個人番号カードの交付申請は、通知カードを受け取った方全員がしないといけないということではありません。しかしながら、就職や転職、年金受給の際に個人番号が必要になる場面があるので、基本的には個人番号カードを受け取ることになると思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。マイナンバーに関しては、そのメリット・デメリットがよく話題にあがります。皆さんの生活に関わるものだからこそ、正しい情報を自らが持つことが大切です。

 

政府・行政から発信される情報だけでなく、自分から積極的に調べたりすることで、その理解が深まると思います。情報弱者にならないように気を付けましょう!

 

(参照 : 政府広報オンライン内閣官房地方公共団体情報システム機構名取市HP )

 

 

~合わせて読みたい~

一人一人に番号を振り分け?マイナンバー制度とは?

一人暮らしの学生は要注意!マイナンバーを受け取れない可能性も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hirano Kensei

Hirano KenseiVote→Japan ライター

投稿者プロフィール

九州大学4年の平野賢正と申します。Vote→Japanの趣旨に賛同し、参加させていただいています。いわゆる「就活」という時期からいろんなことにトライしています。政治に関する知識もまだまだ未熟で拙い文章しか書けませんが、どうか温かい目で見守ってください(笑)よろしくお願いします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る