1人暮らしの学生は要注意!マイナンバーを受け取れない可能性も??

皆さんこんにちは!いよいよマイナンバーの通知が始まろうとしています。今回は、マイナンバー通知カードを受け取る際の注意点について解説しますが、その前にマイナンバー制度ってなんなの!?という方もいると思うので、簡単にマイナンバー制度の説明もしていきましょう。

 

マイナンバー制度とは

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号が与えられ、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するためのものです。行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤で、平成27年10月に通知され、平成28年1月から利用することになります

 

number_1433800701

(引用:http://www.union4u.org/blog/topic/個人情報をばらまくマイナンバー制を歓迎する労)

 

マイナンバーが受け取れない可能性も

平成27年10月から、日本に住民票がある人全員にマイナンバーが通知されますが、平成27年10月5日の時点で「住民票に記載されている住所」に、家族分の「マイナンバー通知カード」がまとめて届きます。また、通知カードは、簡易書留で送られてくるので、受け取る際には印鑑が必要です。

また、現住所と住民票に記載されている住所が異なっている人は特に注意が必要です!通知カードの送付先は「住民票に記載されている住所」なので、現住所と住民票に記載されている住所が異なる人は現住所で通知カードを受け取ることはできません

郵便局では、引越し後1年は郵便物を転送してくれる「転居・転送サービス」がありますが、通知カードは転送不要の指定で送られるため、以前の住所から新しい住所に転送されることもありません。引越しの際に住民票を変更し忘れたりすると、いつまで待っても通知が届かないことになります。

 

1人暮らしの大学生や、単身赴任中の会社員も注意を

大学生が「在学中は、実家に住民票をおいたまま」という場合や、単身赴任中の会社員が「いずれ、家族の住むところに戻るから住民票を移していない」というケースもあると思いますが、そうした場合は住民票記載の住所に住んでいる家族からマイナンバー通知カードをもらう形になります。

通知カードは10月5日の時点で「住民票に記載されている住所」に郵送されます。10月5日以降で、通知カードが届くまえに引越しをする場合は、転入届を役所に提出する際に「以前の住所でマイナンバー通知カードを受け取ることができなかった」「新しい住所宛にマイナンバー通知カードを郵送してほしい」と依頼をすることで、新しい住所宛に、転入先の役所から通知カードが郵送されます。

 

最後に

マイナンバーは、年金・雇用保険・医療保険の手続きや、確定申告の手続きの際などに記載が必要になります。また、納税や社会保障の手続きのために、勤務先からマイナンバーの提出を求められる場合もあったりと、マイナンバー通知カードを受け取れないことで、マイナンバー制度開始以降に、困る場面が出てくるでしょう。

過去に引越しを経験している人は、10月5日になるまえに、住民票を確認してください。住所変更を忘れていたら、現在の住所でマイナンバー通知カードを受け取れるように、早急に手続きをしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日下健吾

日下健吾Vote→Japan ライター

投稿者プロフィール

日下健吾(くさか けんご)と申します。野球と食べ歩きが趣味で、好奇心旺盛です!!特にテーマを絞らずいろいろな記事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る