【綿貫英彦】病院勤務から政治家までの道のり

Vote→Japan運営チームの日下健吾です。

突然ですが皆さん、貧困について考えたことありますか? 日本の6分の1が貧困と言われる現代。日本共産党に所属されている福岡市議員(東区) 綿貫英彦議員は、この貧困問題の解決について熱くお話してくださいました。 どういった経緯で貧困に目を向けたのか、興味深い部分であると思います。現在のご活動内容や、議員になって変わったことなどをお話頂きました。

 

学生時代の決断|なぜ病院勤務から政治家へ?

綿貫議員は福岡大学を卒業されたそうですが、学生時代は福岡大学のボランティアサークルに所属していたそうです。老人や障害を持った人、親がいない子供たちと触れ合う活動をしていて、その活動をする中で「この人たちをどうすれば幸せにできるのだろう。」と考えた時に、政治を学ぶ必要があると考えたそうです。

それから政治について学んでいく中で、社会保障や医療を改善すべきだと思い、千鳥橋病院に就職されました。千鳥橋病院で勤務し、地域の患者に尋ねていく仕事をした際に、病気にかかったとしても病院に行けない人がいるということを知りました。そういった人たちをどうにかして助けたいと思ったときに、今の政治にゆがみを感じ政治そのものを変えないといけない、社会保障をよくしていかなければならないと考え、議員になろうと決意したそうです。 病院 (出典:nomotokinenbyouin.jp

 

現在どういった活動をしているのか?

具体的には5つあります。

①生活相談活動

②九大箱崎キャンパスの跡地利用について

③JR香椎線の有人駅化

④民間の学童保育の補助金を出してもらうための署名運動

⑤幼稚園廃止を廃止を食い止める運動

これらの活動の中で、綿貫議員が重要視していることは、生活相談活動です。 生活相談活動というのは弁護士と一緒に「生活の苦しさ」「借金問題」「離婚問題」などの悩みの相談に乗る活動です。これは無料で月4回行っています。

生活相談活動の狙いは、いろんな相談を一つ一つ解決していく中で「その根底には何があるのか?」ということを見つけることで、それらを自分になりに分析して議会に反映させるという形にしているそうです。インターネットでも呼びかけをしていますので、何か相談がある場合は利用されてはいかがでしょうか?夜中に電話かかったりすることもよくあるそうなのですが、どんな相談でも受け付けますのでどうぞっ!!   20120625-相談 (出典:http://sogoshiga.com/blog/index.php?itemid=222)  

 

生活相談活動を通して何を発見したのか?

生活相談活動を通じて、貧困(特に子供)についてどうにかしなければならないと思ったそうです。子供の貧困の問題で、夏休み間は給食がないために痩せ細っていく子どもがいることを耳にしたそうです。それを助ける団体とお会いする機会があり、フードバンク(子供たちに対して食べ物を届けるというシステム)で子どもたちが貰った食べ物を家に持って帰る行動を目にしたそうです。

親や兄弟に食べてほしいという理由でもって帰るらしく、それだけ貧困は進んでいると感じたのです。その貧困が原因で子供の学力が低下し、夫婦関係がうまくいかないこともあり、医療機関や介護にかかれないという現実もあります。 この問題を解決すべく、綿貫議員は東区で週に一度無料の学習塾を開き、小中高どの年齢でも勉強ができる環境を用意しています。

医者なども講師として教えてくれるような塾にしているそうです。そして、今でも以前勤務されていた千鳥橋病院と連携をしており、その患者さんの掘り起こしの運動をしていて、医者からのアドバイス、勉強会、血圧などを図るなどの活動を行っています。  

 

議員になって変わったこと

綿貫議員が議員になって変わったと感じたことは3つほどお話してくださいました。

議員になると行政の対応が良い

24時間、365日働けるという準備や気持ちの持ち方

家族の触れ合いが減った

本当に自分を犠牲にして市民のために尽くしています。  

 

どのように活動を外に発信しているのか

各共産党の市議団でも行っているように、報告のチラシを配布したり、あとはTwitterやFacebookを用いての拡散をしています。  

 

若者に対して伝えたいこと

若者に対して伝えたいことは、

「未来は若者もの」

 


 

短い言葉ではありますが、綿貫議員の言葉には深みが感じられました。   初めての取材でしたが、議員さんと話すことでなかなか知ることのできない世界を知ることができました。 これからも議員さんの活動を発信していくので、どうぞよろしくお願いします。      

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日下健吾

日下健吾Vote→Japan ライター

投稿者プロフィール

日下健吾(くさか けんご)と申します。野球と食べ歩きが趣味で、好奇心旺盛です!!特にテーマを絞らずいろいろな記事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る