【i-vote】若者参政権向上を様々な角度から【原口綾乃】

こんにちは、Vote→Japanの福森駿です。 突然ですが皆さん!i-voteという団体をご存知ですか? この団体は政治的中立な立場から若年層の政治への興味、投票率の向上を目的とし、様々な切り口から政治を捉え、イベント・キャンペーンを開催している学生団体です。 そんなi-voteは東京、関西、そして今年度から福岡支部が立ち上がりました。 今回はi-vote福岡、原口綾乃さんにi-voteとは何か、そして何かと話題の安保法制について聞いてみました!  

 

ivoteとは

ivoteは7年前「20代の投票率向上」を目指して現在NPO法人YouthCreateの代表も務めている原田謙介さんが東京で創設しました。 次いで2014年に関西支部が発足、そして今年度福岡と愛知でも支部が立ち上がりました。「若者と政治をつなぐ」ために各支部イベントやキャンペーンを行っています。

 

ivoteの目的

若者の選挙離れが進んでいるといわれている現代の日本。福岡では前回の統一地方選挙で20代の投票率が過去最低の値を記録するなど、これからの日本を担っていくはずの若者が日本の政治に関心を抱いていないのは数値にも現れ、目を背けられない現実となっています。 そういう現実を受けて、自分たちが発信していかねばならないと思ったのは一人一票の「投票権」を持っていることのありがたさです。日本国籍をもつ人間は一人一票自平等に自分の意見を表明する機会を与えられています。直接選挙ではない日本では、なかなか自分が思っていることを政治に反映させることは難しいです。 「投票権」はそういう世間の中で、これからの日本を創るときに自分の意見を反映させる唯一の手段です。ニュースを見たり、インターネットで情報を手に入れたり情報社会では日本の未来を決める重要な議題が話し合われていたり、国際社会の中で日本も無視出来ない出来事が頻繁に報じられていますよね。自分たちは直接関与することはできないが、自分たちの意見を代弁し、理想の日本をつくってくれる議員さんを選ぶ機会。それが選挙であり、一票の価値です。ほとんどの日本人は生まれながらにしてその権利を持っているのでその価値を理解できていない人が多いように感じます。一票の価値、それを発信していきます。

11930702_409768829211981_2023505973_n11950832_409768792545318_843632506_n

 

安保法制について

今年7月16日、安全保障関連法案(通称:安保法案)が可決されましたね。普段から政治に興味をもっている人はもちろん、政治に無関心な人も日本国民のほとんどが注目したニュースではないでしょうか。 集団的自衛権に関して、また安保法案についてもテレビやラジオ、身近なところでいうとTwitterやFacebookでも情報はたくさん流れてきます。これは日本の歴史上重要な転換点になったと思います。みなさん、これに関しては賛成・反対いずれかの意見を持っているのではないでしょうか。 でもその意見は本当に自分で考えて出した結論ですか?賛成の意見も反対の意見も、そもそも法案自体のこともきちんと把握して出したものでしょうか。自分と違う考えを持った人に出会ったとき「この人は自分と違う考えの人だ。わかりあえない」とバリアを貼ってしまうのではなく、まず理解しようと耳を傾けてみてはいかがでしょうか。 この心がなければ、ただの意見の押し付け合いです。それでは納得いく結論など出るはずもありません。自分の将来に大きくかかわるこの法案についてもう一度一緒に考えましょう。そして、納得のいく意見を自分でもち、その意見を発信する場を十分に使い、一緒に未来のことを考えましょう。

11938809_409768819211982_6889574_n  


居酒屋ivoteという居酒屋で政治家とお話をするといった、斬新なイベントも開催されています! 興味を持った方、是非参加してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福森駿

福森駿Vote→Japan コミュニティマネージャー

投稿者プロフィール

政治に興味はあるけどどこから始めれば。。そんな問題を解決します!!
少しでも多くの方が政治に親しんでもらえるよう簡潔明快な記事をお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る