目的は打倒安倍政権!?学生ハンスト実行委員とは何者?

(出典 : http://saigaijyouhou.com/)

皆さん、こんにちは!8月も終わり、9月に突入しました!朝と夜の気温も下がってきて、秋を感じるようになってきました。さて、国会では現在も安保法案に関する議論が続いており、いよいよ大詰めになってきました。

そんな中、「安保関連法案制定を阻止し、安倍政権を打倒するため」と銘打った学生団体、学生ハンスト実行委員会が8月27日から国会前で座り込みを開始しました。今回は、この学生ハンスト実行委員会がどのような団体なのか、何が目的なのかについて紹介していこうと思います。

 

 

 

学生ハンスト実行委員会の主張と目的

hunst1
(出典 : http://www.bengo4.com/topics/)

学生ハンスト実行委員会は、「安保関連法案を阻止し、安倍政権を打倒する」ことを目的とした学生の集まりです。彼らの声明文は以下の通りです。

声明文

安保関連法案制定を阻止し、安倍政権を打倒するための学生ハンスト実行委員会
私たち「安保関連法案制定を阻止し、安倍政権を打倒するための学生ハンスト実行委員会」は、安全保障関連法案の審議即時停止と安倍政権退陣を求めて、8月27日より無期限ハンガーストライキを開始することをここに宣言します。

安全保障関連法案(以下、安保法案)は多数の批判と抗議を押し切って7月16日に衆議院を通過し、現在参議院で審議中です。憲法上のいわゆる「60日ルール」を含めても今国会での法案の成立は確実と言われています。安保法案で法制化される集団的自衛権はアメリカなどの同盟国が主導する軍事行動に日本が直接参加することを許すもので、「戦争法案」としての本質は明らかです。

戦後日本はアメリカと日米安保という実質的な軍事同盟を結び、東アジアにおける軍事的緊張関係の一端を担ってきましたが、安保法案の制定がかかる緊張をエスカレートさせる危険は目に見えており、先の大戦への反省を無視した愚かな行為です。またこの法案は国内の多くの憲法学者が指摘するように明白な違憲立法であり、法学上のクーデターというべきものです。

まさしく安保法案は世界の民衆を分断し戦争を準備する、本来的に民衆に敵対する法律です。一切の正当性もなく、拒絶する以外にはありません。では法案成立を阻止し、戦争を止めるために私たちは何をするべきなのでしょうか。私たちは自らの生活に代えてでも安倍政権の戦争準備を拒否し、世界中のあらゆる戦争に加担することを拒否するという姿勢を直接行動によって示していくべきだと考えます。

現在の沖縄・辺野古での反基地運動が、自らの平和を希求すると共に、基地を通じて世界の民衆が殺害されていくことを実力で拒否しているのと同様に。私たちによるハンガーストライキは、戦争によって犠牲になりうるあらゆる人々と協力し、戦争への動員・協力を共に拒否するよう呼びかける直接行動の一過程です。そのために私たちは生命をかける覚悟でたたかいます。安保法案審議停止・安倍政権退陣に向けて共に行動しましょう!

(出典 : http://blogs.yahoo.co.jp/hansutojitsu)

つまり、安保法案は戦争法案であり、それが成立することを阻止するためにハンストを決行し、安倍政権を退陣に追い込もう!という意味ですね。では、そもそもハンストって何でしょうか?

 

 

 

ハンストの意味と概要

hunger-strike
(出典 : http://endimmigrationdetention.com/)

ハンガーストライキ(Hunger strike)とは、何らかの主張を世間に広く訴えるために行うストライキの一種で、「飢餓(ハンガー)によるストライキ」という意味で、略して「ハンスト」とも言われます。概要は以下の通りです。

公共の場や受刑者の場合は刑務所内に座り込み飲食を断つことで相手が要求を受け入れなければ餓死に至るという状況に追い込むことで注目を集め、自分の主義・主張を通そうとしたりそれを世に広めたりするのが目的である。

完全に飲食を絶つのではなく水だけ、あるいは塩と水だけを摂ったりする場合もある。また流動食だけという限定的な断食もある。

(出典 : wikipedia)

マハトマ・ガンディーが非暴力抵抗運動の方法のひとつとして実行していました。命を懸けた抗議を行うことにより、世間から注目されることが多く、他国では餓死するまで抗議をやめなかった事例や、国内では脱水症状などで中止を余儀なくされた事例など様々です。今回のハンストも同様に、命を懸けた抗議をすることにより、世間の注目を集め、自分たちの主張を通そうとするものであると考えられます。

現在、実行委員4人のうち2人が医師の判断により離脱しており、残った2人が継続している状態です。(※9月3日追記 学生ハンスト委員会の公式Twitterによると、9月2日に148時間目で全員離脱に至ったそうです。)彼らの考えや行動には賛否両論、様々な意見がありますが、是非とも体のことを考えて行動して欲しいと思います。今後も彼らの行動に注目していきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hirano Kensei

Hirano KenseiVote→Japan ライター

投稿者プロフィール

九州大学4年の平野賢正と申します。Vote→Japanの趣旨に賛同し、参加させていただいています。いわゆる「就活」という時期からいろんなことにトライしています。政治に関する知識もまだまだ未熟で拙い文章しか書けませんが、どうか温かい目で見守ってください(笑)よろしくお願いします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る