落下事件も跳ね返す!”世界のドローン”が秘める可能性!

(出典 : http://innoplex.org/)

こんにちは!!みなさんはドローンをご存知でしょうか?最近耳にする機会が少なくなりましたが、少し前に首相官邸にドローンが落下した際に、ネガティブなイメージが持った人も多いのではないでしょうか。しかしながらドローンの活用の幅は広く、様々なシーンで利用されています。今回はそのドローンを活用するために必要なことについて触れていきたいと思います!

 

 

 

そもそもドローンってなんだっけ?

drone2
(出典 : http://nge.jp/)

ドローンは無人での飛行が可能な航空機の総称です。ドローンは遠隔操作やコンピューター制御によって操作され、その大きさ、形状、用途によって様々なものがあります。軍事の分野におけるドローンは無人機といっても写真のような10mを超える大型機です。

商用分野では、小型、中型のドローンが空爆などの用途で実用化されている他、現在ではAmazonなどがドローンによる荷物の配送システムの研究を進めていたりします。ラジコン機に類する物凄く小さな玩具の中にもドローンと呼ばれるものもあります。

軍事用のドローンは、米軍が攻撃や偵察の目的で実際に運営してることが知られており、ドローンに搭乗者がいないため人身の安全性を確保して作戦を遂行できます。

 

 

 

海外ではよく話題になるドローン

FAA_NoDrone
(出典 : http://www.drone.jp/)

ドローンは、海外のニュースで取り上げられることも多いです。アメリカでは、空港付近での規制の強化についてであったり、ニュージーランドではドローンを飛ばす際に土地所有者の認可を得ることが義務付けされたり、韓国では夜景をドローンで撮影をしていた男性に違反金が課せられたりなどといった、比較的ドローンを規制する方向性のネガティブなニュースばかりです。

これらすべてに共通していることは、どれも誰かに迷惑をかけていたり、安全性に欠ける部分があるということです。日本でも安全性に配慮したドローンの利用が求められています。現在では、比較的規制が緩い日本の行く末と共に撮影分野での利用について紹介したいと思います。

 

 

 

地球上のあらゆる自然環境のリサーチ!

ドローンの特徴的なポイントの1つは操作性の良さである。さらにプロダクト自体が比較的小さいこともあり、人間では入り込めない狭い場所にいとも簡単に侵入出来る。野生動物を題材にしたドキュメンタリー番組は、1つの動物に密着することから始まり、最終的には感動のシーンを撮影出来るものであるが、そのプロセスは時に多くの危険を及ぼす。しかしドローンを使えば、通常では撮れないような動画を安全に撮影可能。

(出典 : http://blog.btrax.com/jp/2014/11/24/drone/)

ドローンはとても便利なものではありますが、使い方次第で良い方向や悪い方向に分かれるというのが全体を通しての感想です。無人での作業が可能になり比較的便利であるドローンですが、その良さばかりに焦点を当てていると、誰かに迷惑がかかったり、安全性を欠いた使い方がされる可能性もあります。

そのような悪い方向に進まない為にも、ドローンの利用についての法整備や明確な規定をし、さらに言えばドローンを使用する個人が周りの人に対して安全性などを配慮する必要性も感じました。まだまだ利用方法の幅が広いドローンの今後の行方について注目していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hirano Kensei

Hirano KenseiVote→Japan ライター

投稿者プロフィール

九州大学4年の平野賢正と申します。Vote→Japanの趣旨に賛同し、参加させていただいています。いわゆる「就活」という時期からいろんなことにトライしています。政治に関する知識もまだまだ未熟で拙い文章しか書けませんが、どうか温かい目で見守ってください(笑)よろしくお願いします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る