日本の最低賃金の行方

(出典:http://toyokeizai.net/articles/-/13561)

学生の多くの方が経験している”アルバイト”。

様々な目的があれど、賃金を稼ぎたいという理由でアルバイトをされている方が多いと思います。本日は労働の最低賃金について。最低賃金について世間を賑わせたのは、あるファーストフード店の労働者らが時給1500円を求めたことが記憶に新しいですね。労働者を搾取するブラックバイトの問題も若者が中心に声を上げるようになり、最低賃金の引き上げの可能性も考えられます。ここでは、日本の最低賃金、海外との比較、それから著名人の意見について見ていきます。

 

日本の最低賃金について

みなさん、最低賃金の全国平均をご存知でしょうか?都心部と地方で格差はあれど、全国平均は780円です。

うーん。。これは高いのか低いのか?ファミリーレストランで定食は注文できそうですが。。海外のケースと比較してみましょう。

 

世界的に見て日本の最低賃金はどうなのか?

日本の最低賃金は780円ですが、他国の最低賃金について調べてみたいと思います。

先進国を中心に見てみると、
スイス2500
フランス1300
イギリス1100
アメリカ810
ドイツ1200円です。EU諸国は日本よりずっと高いですね。。

マクドナルドドイツ
(出典:http://blog.goo.ne.jp/majubii/e/e81691340e752a01858c3dd33387d9e7)

最低賃金とは何のためにあるのか?

そもそも最低賃金とは何のためにあるのでしょうか?最低賃金制度は、国が賃金の最低額を定めて、使用者はそれ以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。日本の最低賃金は他の先進国と単純に比べると低い水準と言えますが、非正規雇用者と正社員との格差、地方と都市部の格差を是正すべきとの声があります。日本の最低賃金が低いのは、賃金より雇用を優先してきた結果とも言えます。最低賃金を無闇に上げると、人件費が上がることで雇用が減ったり、企業の競争力が落ちたりするなどデメリットが大きいとの指摘もあるようです。これらから皆さんはどう考えますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日下健吾

日下健吾Vote→Japan ライター

投稿者プロフィール

日下健吾(くさか けんご)と申します。野球と食べ歩きが趣味で、好奇心旺盛です!!特にテーマを絞らずいろいろな記事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る