戦争反対を叫ぶ学生運動!SEALDsとは何者?

実態が見えづらい謎の学生集団

安保法制の賛否の議論や、衆議院本会議での可決をきっかけに結成され、メディア等でも大きく取り上げられるようになった『SEALDs』。その勢いと社会的な存在感は凄まじく、SNS等のメディアを中心にあっという間に全国にその名が知れ渡りました。安保法制に反対(いわゆる戦争反対)を叫ぶことを主活動にしていますが、その実態は外からは見えづらく謎に包まれています。今日はSEALDsについて見ていきましょう。

始めに安保法制について理解したい場合は、こちらの記事をご覧ください。

●【パロディー】ヒゲの隊長による安保法案の説明アニメ動画が話題に!

●内閣支持率が低下。その原因について探る

私たちは、自由と民主主義に基づく政治を求めます。

SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy – s)は、自由で民主的な日本を守るための、学生による緊急アクションです。担い手は10代から20代前半の若い世代です。私たちは思考し、そして行動します。

私たちは、戦後70年でつくりあげられてきた、この国の自由と民主主義の伝統を尊重します。そして、その基盤である日本国憲法のもつ価値を守りたいと考えています。この国の平和憲法の理念は、いまだ達成されていない未完のプロジェクトです。現在、危機に瀕している日本国憲法を守るために、私たちは立憲主義・生活保障・安全保障の3分野で、明確なヴィジョンを表明します。

日本の政治状況は悪化し続けています。2014年には特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認などが強行され、憲法の理念が空洞化しつつあります。貧困や少子高齢化の問題も深刻で、新たな生活保障の枠組みが求められています。緊張を強める東アジアの安定化も大きな課題です。今年7月には集団的自衛権等の安保法整備がされ、来年の参議院選挙以降自民党は改憲を現実のものとしようとしています。私たちは、この1年がこの国の行方を左右する非常に重要な期間であると認識しています。

引用;SEALDs

簡単にまとめると、SEALDsは今の自民党政権が成そうとしている安保法制の整備(集団的自衛権の容認を含む)に異議を唱える学生運動ですね。日本の民主主義と憲法を守る!というのを理念にしているようです。

SEALDsは「今でこそ戦争反対を叫ぶ学生運動」として全国に知れ渡っていますが、元々は特定秘密保護法に反対する学生有志の会(SASPL)という団体が前身となっているようです。その名の通り、2014年12月6日に参議院本会議で可決された特定秘密保護法に反対する学生団体です。SASPLはどの政党や会派にも属さず、「個人」として活動している有志団体だと主張しています。表向きはSEALDsも”学生「個人」が集まった有志団体”だということでしょう。

SEALDsの活動内容

SEALDsの活動内容は何といっても“抗議活動”です。毎週金曜日に「戦争法案に反対する国会前抗議活動」を行っており、YouTubeやSNSでも抗議の様子を発信しています。時には抗議活動の動画に何千ものいいね!が付いたりします。

激しく飛び交う賛否両論

自民党の武藤貴也議員のTwitter炎上問題

自民党の国会議員である武藤貴也氏が、自身のTwitterで以下のように述べ、波紋が広がりました。

SEALDsという学生集団が自由と民主主義のために行動すると言って、国会前でマイクを持ち演説をしてるが、彼ら彼女らの主張は「だって戦争に行きたくないじゃん」という自分中心、極端な利己的考えに基づく。利己的個人主義がここまで蔓延したのは戦後教育のせいだろうと思うが、非常に残念だ。

引用;武藤貴也議員のTwitterより

これに対し、教育評論家である尾木直樹氏(通称 尾木ママ)は、以下のように怒りを表しました。

「自分の命を大切にして他国の人々の命も大切にしようとする気持ちは人間としてごく自然」「戦争反対!戦争に行くのは嫌だは当たり前!!」「それを批判する議員がいるというニュースにびっくりです!戦前と間違えているのでしょうか!?恥ずかしいー」「教育の根本否定されたような気持ちになります…」「議員もやめて欲しいですね」

引用;尾木直樹氏のブログより一部抜粋

SNS上では国民からお互いの意見を支持し合う声があがり、議論は冷める様子はありません。今後も動きに注目していきましょう。

画像出典;https://www.youtube.com/watch?v=0r8vxdiaOqM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝舩颯哉

朝舩颯哉Vote→Japan 代表

投稿者プロフィール

「政治をもっと身近に!」Vote→Japanでは主に議員さんの取材のために九州を駆け回ってます。 堅苦しい政治ニュースをアツくわかりやすくお伝えしていきますね!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月 07日
  2. 2015年 9月 21日

ページ上部へ戻る