「本当に徴兵制はない?!」徴兵制の復活を公言する5人

安保法制で揺れる日本と徴兵制

日本と親交のある国(アメリカなど)が他国から攻撃を受けた際に、日本も一緒に他国への反撃をすることができる”集団的自衛権”。内閣で閣議決定され、衆議院本会議でも可決された”安保法制”は、その集団的自衛権の容認を含んでいます。これが認められれば、いわずもがな日本の若者が戦場に赴く可能性は高くなります。

「集団的自衛権は容認しても、徴兵制が復活することはあり得ない。」そのように安倍総理は公言します。

しかし、果たして本当にそうでしょうか?時代は変化し、今回のように憲法の改憲が行われる可能性は十分にあります。今日は徴兵制の復活を公言する政治家や有名人を見ていきます。

徴兵制の復活を公言する5人

元大阪市長 橋下徹

「ただ徴兵制ってのは国民に責任を根付かせるものである。で、国際的に勝とうと思えば、勝つためにだったら徴兵制なんかじゃ絶対勝てないですよ。傭兵を入れないことには。だから勝つためには傭兵制なんだけども責任を根付かせるためには絶対僕は徴兵制は必要。」

出典;たかじんのそこまで言って委員会

元首相 鳩山由紀夫

「(有事の際)万一(兵力が)足りないときには、緊急事態法制の中で考えるべきことではないか(徴兵制を検討すべき)」

出典;鳩山氏、徴兵制を検討 民主、地方遊説開始

元宮崎県知事 東国原英夫

「徴兵制があってしかるべきだ。若者は1年か2年くらい自衛隊などに入らなくてはいけないと思っている」

出典;「徴兵制あってしかるべき」 東国原知事が持論展開/朝日新聞

ワタミ社長 渡邊美樹

「徴兵という制度を採用することの是非については様々な意見がありますし、ここで軽々しく論じることができない問題です。ただし、人を不自由な環境下に一定期間置くこと、上に立つ人間とその下で従う人間の関係を明確にすることの意義は改めて問い直す価値があるでしょう。」

出典;渡邉美樹:【38】「草食系男子」が流行語になりましたが、男性はこれでいいのでしょうか。 | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

衆議院議員 石原慎太郎

「日本は核を持て、徴兵制やれば良い」

出典;https://youtu.be/QcQuZtqyrfk

安心せずに自分たちの意見を発信しよう

現役政治家から企業経営者まで、影響力のある方が徴兵制を公言しています。民主主義である限り、徴兵制が復活するかどうかは私たちの投票によって選ばれることです、良いも悪いもありません。しかし、「徴兵制なんて復活するわけがない」と政治に無関心なまま投票に行かずに過ごしていると、いつそれが実現してしまうかはわかりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝舩颯哉

朝舩颯哉Vote→Japan 代表

投稿者プロフィール

「政治をもっと身近に!」Vote→Japanでは主に議員さんの取材のために九州を駆け回ってます。 堅苦しい政治ニュースをアツくわかりやすくお伝えしていきますね!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る