そもそも、選挙とはなんぞや⑤『特別の選挙「国政/地方選挙」』

いまさら人に聞けない【そもそも、選挙とはなんぞや?シリーズ】

実は今回、「選挙の種類」最終回です!
これを読み終えた暁には、あなたは『選挙の種類』マスターになれるかも!

前回までのおさらい↓↓↓

【選挙の種類(計4つ)】
★衆議院議員総選挙
★参議院議員通常選挙
★一般の選挙「地方選挙」
★特別の選挙「国政/地方選挙」(←今回はコレ!)

====================================

最終回は、特別の選挙「国政/地方選挙」を見ていきましょう!

特別の選挙「国政/地方選挙」

【そもそも、選挙とはなんぞやシリーズ】で取りあげた国政(衆議院議員総選挙・参議院議員通常選挙)や地方選挙ですが、
たまに予期せぬ事態を招くことってありますよね。
例えば、選挙をしても必要な票が集まらなくて決めようがなかったり–———————
例えば、選挙の当選人が亡くなられたり、任期中に退任したり–——————————
そんな場合は以下のように、特別の選挙が設けられるのです。詳しく見ていきましょう。

再選挙(選挙のやり直しや当選人の不足を補う)
 選挙が行われても、必要な数だけの当選人が決まらなかったり、投票日の後で当選人の死亡、当選の無効があったなどの場合で、しかも繰上当選などによっても当選人がなお不足する場合に行われる選挙です。一人でも不足する時に行われるものと、不足が一定数に達した時に行われるものがあります。
補欠選挙(議員の不足を補う)
 選挙の当選人が議員となった後に死亡や退職し、しかも繰上当選(繰り上げる場合がある)によっても議員の定数が不足する場合に行われる選挙です。再選挙とは、その人がすでに議員であるかないかという点が違います。ただし、すでに議員であっても選挙違反などにより当選や選挙自体が無効となった場合は、再選挙となります。

※国の選挙の場合、原則として、補欠選挙は年2回、4月および10月の第4日曜日に行われます。

増員選挙(議員の数を増やす)
議員の任期中に、議員の定数を増やして行われる地方公共団体の議会の議員の選挙です。
※地方公共団体の議会の議員の再選挙、補欠選挙または増員選挙は、任期が終わる6カ月以内に当該選挙を行うべき事由が生じた場合には議員の数が定員の3分の2に達しなくなったときを除いて、行わないこととされています。
  
 増員選挙

 

【まめ知識】
▽※知事や市区町村長の死亡・退職の場合▽
知事や市区町村長が死亡や退職したときは、補欠選挙ではなく、一般の選挙として行われます。
「特別の選挙」とは、あくまで議員さんに対する選挙です。

出典:総務省HP http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo03.html#chapter4

このように、特別の選挙を開催する制度もあるんですね。
ちなみに、補欠選挙の愛称は「補選」。(以下文、補選と呼びます)
では、過去にどんなとき、特別な選挙が行なわれたのか、その事例をピックアップします。

【補選事例:2014年7月開催!青森県平川市議員20名中15名逮捕後に】

引用)朝日新聞デジタル: http://www.asahi.com/articles/ASG7J5DKSG7JUBNB01L.html

皆さんの記憶にまだ新しいかもしれませんが、
2014年1月の平川市長選挙を巡って公職選挙法違反容疑で市議15人が逮捕された事件。
これをキッカケに、その半年後の2014年7月、「補選」が実施され、議員が新たに8名当選しました。
この場合は元々いる議員の不足を補う為の選挙であることから、「再選挙」ではなく「補選」になるわけです。
また、補選は前議員の残りの任期だけを任されるため、任期終了に伴って
市議会議員の本選挙(つまり地方選挙)が今年2015年7月に開催されました。
しかし、有権者の議会に対する信頼回復までには至っていないようで、
投票率は下がったそうです。一度でも議員の不正・事件が起きると、信頼回復って難しいですね。

http://www.asahi.com/articles/ASH6X5JSYH6XUBNB006.html

以上のように、全4回にわたって、いまさら聞けない「選挙の種類」を見ていきました!
少しでも理解することはできましたでしょうか?
今後も、【そもそも、選挙とはなんぞや?シリーズ】連載していくので、どうぞよろしくです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古川 千尋

古川 千尋Vote→Japan リードライター

投稿者プロフィール

若者のための政治ニュース「Vote→Japan」水曜&金曜担当ライターのChihiro Furukawaです!政治最新ニュースだけでなく、ファッションや旬な人など、いろんな切り口・視点で面白く分かりやすくお届けします。【退屈&つまらない政治】より、【イケテル&楽しい政治】を追究しましょう☆

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る