一人一人に番号を振り分け?マイナンバー制度とは?

2015年10月に一人一人に通知され、2016年1月に実際に導入されるマイナンバー制度。既にマスコミからも報道されていますし、2012年に放映された人気ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の中でも話題になっていたので、おそらく皆さん名前くらいは聞いたことがあるかと思いますが、ここでマイナンバー制度の概要や目的、メリット・デメリットについておさらいしましょう。

マイナンバー制度とは?

マイナンバー(個人番号)とは、国民一人一人が持つ番号(12桁)です。簡単に説明すると、行政の書類やサービスごとに違っていた番号を個人によって統一化することで、『行政側と個人の管理の負担を減らしましょう!』というものですね。

導入の目的としては、大きく3点挙げられます。

1.行政の効率化!

行政機関や地方公共団体によって、様々な情報の照合や転記の作業を行っていましたが、一人一人がマイナンバーを持つことによってこの作業が大幅に削減されます。

2.国民にとっても便利!

これまでバラバラだった、健康保険証、運転免許証、パスポート番号、住民コードが全て1つのマイナンバーにまとめられます。手続きの簡素化やカードを一枚にまとめられるというメリットがありますが、半ば想像が付きませんね…身分証明書=マイナンバーカードです。

3.公平な社会の実現!

所得や行政サービスの受給状況を可視化することができるため、サービスの不正受給を防止することができ、本当に困っている方々のみ助けることができます。

メリットばかりに見えますが、深刻なデメリットも

良い事づくめなマイナンバー制度に見えますが、実はデメリットもあります。まずは誰もが考えるであろう、『情報流出の懸念』です。

マイナンバー制度においては、マイナンバーが変わることは一生ありません。つまり、マイナンバーが漏洩した場合は、なりすましができてしまうということです。番号があれば情報にアクセスできるので、年金・労働・税金などの情報が洩れます。恐ろしいですね。

また、PCからもこれらの情報にアクセスできるようになることをご存知ですか?

2017年1月からインターネットで個人情報のやり取りの記録を見ることができます。行政機関が持つ個人情報をインターネットから閲覧することができるんです。便利ですね。

しかしもうお気づきだと思いますが、ハッキングされた場合はひとたまりもありません。不正アクセスによって情報を盗まれる可能性もあります。

まとめ

マイナンバー制度の概要、メリットやデメリットについてご紹介しました。デメリットは深刻なものですが、まだ名前しか聞いたことがない。くらいの認識の方が多い気がします。これから導入に向けてのデメリット解消の対策に注目ですね。

画像出典;http://www.city.kinokawa.lg.jp/kikaku/maynamber.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝舩颯哉

朝舩颯哉Vote→Japan 代表

投稿者プロフィール

「政治をもっと身近に!」Vote→Japanでは主に議員さんの取材のために九州を駆け回ってます。 堅苦しい政治ニュースをアツくわかりやすくお伝えしていきますね!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る