【中山郁美】「教育・くらしを守る!」【日本共産党】

こんにちは! NPO法人学生ネットワークWANの沖田浩平です! 6月22日、日本共産党の中山郁美さんをご訪問させて頂きました!

中山さんは市内中学で社会科教師18年。 その経験をいかして、教育や子育ての声を市政に届けています。 現在の市議会では、教育問題を最も多く質問している教育・福祉の質問ナンバーワンと言われる議員さんです! そんな中山さんは今までの教師経験から「全教室にエアコン設置」を実現。 「先生、議員になったら、教室にエアコンつけてね!」という 教職をやめるときの教え子たちとの約束を果たしました。温度調査や国への調査に出かけ、 はじめは「水筒で十分」と、とりあわなかった教育委員会を動かしたのです。

また、早良区の「地域の声を市政に届ける」ことも重要視し、 早良区の地域住民の声をできるだけ市政に届けようと議員活動をされています。 そして、「市立幼稚園については廃止問題が未だに解決されず、保護者、地域は不安を抱えたままだ」と中山さんは仰り 、「市立幼稚園全廃の撤回」を強く訴え、市立幼稚園全廃に関して7万2千筆の反対署名の紹介議員になったり、 全廃計画に反対し、幼稚園の保護者たちが教育長に要望した際に同席したただ一人の市議でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖田浩平

沖田浩平Vote→Japan インタビュアー

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る